メジャーで6年間プレーした青木宣親外野手(36)が古巣ヤクルト古巣復帰することになりました。背番号はヤクルト入団時の23番でポジションは3番センター?!

引退後はヤクルトの監督ではないかと噂になってます。契約では3年総額10億『推定』ですね!

ヤクルト復帰が決まった青木宣親選手が今後どのように起用されるか?また背番号や引退後はヤクルトの監督?!をフォーカスしていきましょう!

スポンサーリンク

青木ヤクルト復帰!

2017年のオフにメッツからFAになった青木宣親選手メジャーのFA市場が歴史的な停滞により古巣ヤクルトに電撃復帰することになった!

今回のメジャーのFA市場ではベテラン勢がまだ球団が決まらずにいました。イチローや上原などもまだ未所属で、FAの目玉でもあるダルビッシュ選手も決まってないんです!

FA選手の半分がまだ契約にこぎつけない異常事態が発生しています。その理由が来季のFA大物選手が多いこと、大谷選手などのトレードに注目が集まったこと、敏腕代理人のスコット・ボラス氏が多くの顧客を持ち、戦略的に停滞させてるなどの理由があるんですよね!

停滞していると青木宣親選手も含むベテラン勢は契約がシーズン始まった後に契約が決まることが多いです。

そんな理由もあり青木宣親選手のヤクルト復帰が実現したのかもしれませんね!

昨年の青木宣親選手の成績は途中移籍したメッツで27試合で打率・284と安定した成績だったんでまだまだ衰えていません!

ヤクルト時代の通算成績は打率・329ですからすごいですね!2010年には打率・358 209安打って凄すぎる。。

青木宣親選手の起用は3番センター?!

スポンサーリンク

メジャーで27試合で打率・284と安定した成績だった青木宣親選手の起用ほうが気になりますよね?

まだまだ衰えず好成績を残した青木選手ですからスタメン起用でしょうね!

外野選手では、バレンティン選手・坂口選手・雄平選手などいい選手が揃ってますが

バレンティン選手を内野手にコンバートして坂口選手・雄平選手・青木宣親選手になるとの予測が大半ですね!

これは最強外野布陣じゃないでしょうか?ヤクルトファンは発狂ですね!

打順も豪華ですよね3番センター青木宣親選手・4番・5番にバレンティン選手と山田哲人選手!考えただけでヨダレが出そうです(笑)

青木宣親選手の背番号は?

 

ヤクルトの1番は特別なのですが今はスター選手山田哲人選手がつけているので背番号は入団時の23番が有力ですね!

正直、管理人は23番が青木宣親選手のイメージがかなり強いので『23』青木宣親でいいです!!

青木宣親選手の引退後はヤクルト監督?

そして気になるのが、引退後はヤクルトの監督ではないでしょうか?

ライバルの巨人高橋由伸監督も引退後にすぐに監督になりましたから、可能性はゼロではないですよね。

ですがまだまだ現役でバリバリやってますから監督はまだ先の話ですね!

一部では騒がれていますが、まずは古巣復帰したヤクルトで優勝することですよね

まとめ

ヤクルトで活躍しメジャーでも好成績を残した青木宣親選手が古巣ヤクルトに戻ってきたのは嬉しいことですね!

メジャーでは 頭部死球など危ない時がありましたが、まだ成績を残してるのはすごいですよね

頭部死球で亡くなる人もいるのでなんともなくてよかったです!

 

今後のヤクルト、そして青木宣親選手からは目が離せません!!

スポンサーリンク