歌手の岡崎体育さんが日本初のFCシステム(ファンクラブシステム)SKIYAKI社の『bitfan』を岡崎体育FCに導入したことで、

ネット上からは、「ファンに優劣をつけるな!」 「金をもってない小中学生のファンは置き去りか?!」 「定額等価交換じゃない不透明な物差しでレースさすな!」 「ブサイクなのにテレビに出るな!この泥糞が!」などの批判殺到してます。

そんなSKIYAKI社の『bitfan』とはどんなシステムなのか?また岡崎体育さんの今後は『bitfan』を続けていくのか?などのフォーカスしていきたいと思います。

 

岡崎体育FCで批判を受けたSKIYAKI『bitfan』とは?

スポンサーリンク

今回の批判殺到したSKIYAKI『bitfan』とはどんなシステムなのか詳しく説明していきましょう。

SKIYAKIとはファンクラブ、ファンサイトの企画・制作・運営などをサポートする会社。

日本発のファンクラブシステム『bitfan』とはファンの熱量(bit)で『bitfan』と名付けたそうです。

システムの内容は、FCサイトのログイン履歴・グッズの購入履歴・SNSによる応援・拡散などのファンの行動を独自のアルゴリズムでポイントを付ける。

そのポイントに基いてランキングを作りファンの熱量を可視化するシステムです

もちろんランキングが高い人には特典が付くそうです。

ファンは自分のランキングの順位に応じて、特別な体験を得られる機会を得ることができることになります。

どうでしょうか?確かに批判が起こりそうな内容ですよね。

ファンの中での差別化が大きな批判の原因になってますが、これって海外だと普通に行われていますよね。

海外の有名なアーティストはこのようなシステムをやってますよ、テイラースウィフトとか。

この『bitfan』批判の的になるなら、他の歌手の握手券やら何やらというのは大丈夫なの?と思っちゃいますが。

しかも岡崎体育さんも言ってましたがランキングが高いからチケットが当たるなどの差別はしないと明言してますし、

悪いことではない気がしますが、、、、。

だってランキングが低いからマイナスになるわけではないので、今のままの現状維持ですからね。

岡崎体育は今後も『bitfan』を続ける?

岡崎体育さんのブログの記事ではこのまま続けると言ってますから今後もやるでしょう。

日本初のシステムですからね、最初は批判が多いと思いますが、少しずつ浸透していきそうだと思いますね。

岡崎体育さん本人もこれからはランキングが低い人でも満足できるようなコンテンツにすると言ってますから『bitfan』はプラスαで考えていくほうがいいですね。

 

 

スポンサーリンク

こちらが岡崎体育さんのサイトです。

岡崎体育さんのサイト

まとめ

SKIYAKI社の『bitfan』というFC初のシステムに批判が多かったですが将来的にこれが当たり前になると思います。

岡崎体育ファンクラブ初めてだったのでいろんな意見があったんですね。

今後の岡崎体育さんの動向を見守っていきましょう。

スポンサーリンク